保育士の男女比率・男女差について

男性職員が少ない職場

女性がとても多く存在している保育士という職場ですが、その中には男性がいることもあります。しかし、男女の比で言えば、女性が9割以上、男性が1割未満とも言われています。少々古い統計では男女比で男性保育士は全体の数パーセントというデータもあります。今はそれよりも増えているとは言われていますが、それでも全体数の中で見れば1割にも満たない数しか存在していないと言われているのです。

たしかに様々な職業の中には女性が多い世界がありますが、これだけ保育士が不足しており、そのために結果として待機児童も生まれてしまっていると言われる今の時代にはとてももったいない状況とも言えます。さらに言えば、保育園にいるのは女児だけではなく男児も多数います。そのため、女性の大人だけではなく男性の大人もいたほうがいいわけですし、たとえ女児ばかりであっても様々な物事を学ぶためには男性の存在も不可欠です。

また、防犯という観点から見てもやはり男性のほうが安心感があると言われているために、そういう面から考えても男性の保育士がこれからはどんどん活躍していくべきと言われています。そのため、今後の仕事を考える上で資格をとることも検討してみましょう。