保育士の男女比率・男女差について

男女比から見る保育士

保育士に関しては多くの人のイメージとして女性が努める仕事という印象があるはずです。事実、身近にある保育園を見てもそこで働いているのはほとんどが女性、もしくは場合によってはその保育園にいる全てのスタッフが女性ということもあるわけです。しかし、必ずしも女性しか就けない仕事かと言えばそうでもありません。当然ながら男性も活躍することができる職場ですし、募集要項などに目を向けても性別に関する条件はありません。

しかしながら、男性をほとんど見ないのはイメージが先行しているために、男性がそこに応募することが少ないという実態があるのです。さらに言えば、そもそも論として保育士になるためには保育士の資格を有することが条件となりますが、この資格を取ろうと考える男性が少ないのです。そのために、現場に目を向けますと、そこには女性ばかりが存在するという状況になっているのです。

もちろん、女性には女性にしかできないきめ細かな対応など男性にはない長所があります。しかし、それと同時に男性には男性にしかできない仕事があるなど、男性にも長所があるのです。そのため、男性が活躍できない職場ではないのです。しかし、今の時点では残念ながら男性が少ないために、今後はこの点が改善されていくことが望まれています。保育士の不足が叫ばれている今だからこそ、こうしたイメージが払しょくされ、男性も女性もどちらも活躍できる環境になることが大切なのです。


【 保育士に関連する外部リンク 】
保育士が不足している今だからこそ、保育業界は男性・女性関係なく保育士を求めています。未経験の方でも安心して働ける職場も多くありますので、転職することも可能です。保育士の転職求人に関しては、こちらのサイトもお役立て下さい → 保育士 転職